依頼

個人で税理士に相談する内容として最も多いのが、遺産相続に関してアドバイスを求めてくる事です。
遺産相続の際には贈与税や相続税、所得税といった様々な税金が発生する可能性があります。
そして、その税金は相続を受けた被相続人が支払いを請け負うことになるのです。
そのため、被相続人が複数人いる場合には、誰が支払いを行うかでトラブルになったり、税金がいくら位かかるのか把握できなかったりといった場面が多々あるのです。
税理士にこういった依頼をすればアドバイスをもらうことができるため、参考にして遺産相続がスムーズにいくよう心がけましょう。

企業の場合、税理士の税金に関する知識や会計書類作成の経験を求めて、コンサルティング業務を依頼してくる企業が多数あります。
税理士は決算書類の作成を手伝う際などに企業の経営情報を得る機会が多いため、より良い経営状況にするためのアドバイスを送ることが出来るのです。
独占業務だけでなく、こういった仕事も精力的に行っていけば、評判が良くなるので様々な企業から仕事の依頼が来るようになります。
安定した収入を得るためには独占業務を行なうだけでは足りない場面もでてくるため、税理士事務所を開業するのであればコンサルティング業務についても勉強しておくといいでしょう。
コンサルティング業務を勉強するためには様々な企業の経営情報を得る必要があるため、独占業務を多くの企業から請け負うことも効果的なので意識して独占業務を受けるようにしましょう。

ピックアップ