メリット

税理士といった難関資格が人気の高い資格である理由の一つに、独占業務があるという点があげられます。
独占業務とはその資格を持った人しか行なうことの出来ない業務のことで、専門的な知識を要する仕事なので、素人の人には出来ないように法律で定められているのです。
税理士の独占業務は主に納税者の代行業を行なうことです。
代行業では税務書類の作成や、税金に関する手続きを本人に代わって行います。
こういった手続きに不備があると納税者に大きな負担がかかってしまうため、代行業を行なうためには専門家である税理士の資格を取得していることが必要になってくるのです。

士系業務と言われる仕事に人気が集まる理由には、独立開業を行ないやすい仕事が多いという点もあります。
税理士も多分に漏れず、資格を取得してゆくゆくは独立開業しようと考えている人が非常に多い資格です。
税理士には税務代行という独占業務があるため、資格を取得することで安定した仕事量を保つことが比較的容易なのです。
独立開業に成功すれば頑張った分だけもらえる収入が増えるという状況に出来るため、独立開業して成功したいと考えている人にとっては税理士が非常に魅力的な資格として写っているのです。
もちろん独占業務を請け負うことができる分勉強量は非常に多いですが、たくさんの収入を得るためにもしっかりと勉強して独立開業しても困ることのない知識量を身につけておくようにしましょう。

ピックアップ