資格

税金の専門家である税理士になるためには、税金に関する様々な知識を得る必要があります。
そのため、税理士になるためには難関試験を突破し、知識を十分に持っていることを証明する必要があるのです。
税理士の試験は他の難関資格とくらべても少し特殊な方法をとっています。
税金に関する法律は幅広くあるため、試験がたくさんの教科に分かれているのですが、この試験を何年かけてもいいので5科目合格することで資格を得ることが出来るのです。
一科目ごとの難易度は非常に高いのですが、時間をかけて受験することができるため、社会人でも取得を狙うことの出来る資格として人気を集めています。
非常に難しい試験ではありますが、その分合格した時のメリットも大きいため、税理士の資格取得を目指している人がたくさんいるのです。

税理士になるためには、試験合格後にも行なう必要のある手続きがたくさんあります。
まず重要なのは、税理士として資格を活かした仕事をしていくためには日本税理士会連合会に登録する必要があるという点です。
日本税理士会連合会に登録するためには、税務に関する仕事を2年以上する必要があります。
そのため、試験合格後には税理士事務所で働くなどして、税務に関する実績を得るようにしましょう。
また、実務期間は試験合格前でも認められているため、以前税理士事務所で長期間働いていた場合などはそのまま日本税理士会連合会に登録することが出来ます。
登録しなければ独占業務を行なうことができないため、合格後のこともしっかり把握した上で試験を受けるようにしましょう。

ピックアップ